ご支援のお願い

2012/01/13 category :

●ご支援ください

東日本大震災女性支援ネットワークはボランティア団体です。被災地の女性たち一人ひとりが尊重されるような復興、そして日本社会を実現するために、女性たちとともに活動しています。多くのみなさまからのご支援をお待ちしています。

●寄付の振込先

東日本大震災女性支援ネットワーク
住所:〒113-0023 東京都文京区向丘1-7-8
電話/FAX:03-3830-5285

振込先:郵便振替10110-48151381
または
ゆうちょ銀行〇一八店(ゼロイチハチテン)
普通口座4815138

お問い合わせ
office@risetogetherjp.org

ご支援のお願いへのコメント

  1. 支倉寿子 より:

    このような支援が必要だと思っていました。体調やその他の事情で実際に活動できなくて申し訳ないですが支援の気持ちと寄付を届けたいと思います。中間報告会も行きたいのですが目下の状況では難しそうです。多くの人が集まりますように。

  2. 村山千津子 より:

    被災地の女性たちを支援するために何かできないかと考えあぐねていたところにこのネットワークの活動を知りました.それでなくとも常日頃から女性たちが生き難い社会なのに,この震災によってさらに状況は厳しくなっていることと思います.メディアには被災女性の声はあまり紹介されないので,本会の情報発信に期待します.
    本日寄付金を振り込みました.もしメールマガジンがあれば送ってください.

  3. 渡辺泰子 より:

     怒り心頭に達する心境です。国は私の父をフィリッピンルソン島の山の中へ棄民し、今度は父の実家の跡をとっている私の従兄を棄民しようとしている。東北人よ。もう耐えるのはやめよう。私は郡山の集会へ行く。そして、私たちの怒りをぶつけてくる。
     私にできること、ごくごくささやかな支援をすること。

  4. NPO法人生活企画ジェフリー渡辺美恵 より:

    東日本大震災から2年が経ちましたが被災地や避難されている方がには心安らぐ日々には程遠い復旧・復興が残念です。そんな中、貴ネットワークのご活動を拝見して大きな力をいただいている一人です。私たちはささやかではありますが地域にお暮しの避難移住の方々との交流の中から、避難体験の聞き書き『3.11の現実―そして、私たちはこの町にきた』を出版し多くの方々に興味深くお読みいただきました。読者とのお約束「必要経費を抜いた全額を寄付する」を果たすべく些少で恐縮ですが本日寄付金を振り込ませていただきました。災害と女性のあるべき羅針盤としてご期待申し上げております。

村山千津子 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Oxfam

協力:国際協力NGOオックスファム・ジャパン
URL:www.oxfam.jp