避難所から妊産婦や乳幼児が姿を消したのはなぜ?義援金はひとりひとりの生活再建に役立っているの?

ジェンダー・アクション・プラットフォーム (GAP)と国際協力NGO・オックスファム・ジャパンは日本政府主催による世界防災閣僚会議in東北(2012年7月3・4日)のサイドイベントとして、「震災と女性:国際基準はどこに?~被災地から見えてきたこと~」を開催します。

本イベントでは、災害時のみならず日本社会が抱える課題として浮かび上がってきた「妊産婦の保護と支援のあり方」「震災対応における世帯主中心制度の壁」に焦点をあて、被災地での支援活動に従事してきた専門家・実務者と共に、国際基準も踏まえて議論します。また、震災から得られた教訓をどのように日本国内の防災体制や平時のシステムに反映させていくべきかを考えます。

 

日時:開催概要: 2012年7月4日(水)15:00-16:30

場所:仙台国際センター3階 白橿(しらかし) 1(地図

参加費無料・事前登録不要

 

総合司会: 大崎 麻子 GAP アドボカシー担当
モデレーター:  目黒 依子 GAP代表、前国連婦人の地位委員会日本政府代表
パネリスト:  赤石 千衣子 東日本大震災女性支援ネットワーク/しんぐるまざあず・ふぉーらむ
石田 登喜子  日本助産師会福島県支部、子育て・女性の健康支援センター
平賀 圭子 NPO法人参画プランニング・いわて
吉田 穂波 国立保健医療科学院生涯健康研究部母子保健担当、東日本大震災支援プロジェクト派遣医師

お問い合わせ:(特活)オックスファム・ジャパン 米良・高橋
TEL: 03-3834-1556 FAX: 03-3834-1025 E-mail:oxfaminfo@oxfam.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Oxfam

協力:国際協力NGOオックスファム・ジャパン
URL:www.oxfam.jp